たった2ヶ月で正しい勉強習慣が身につく!

プライベート勉強習慣化プログラム「コンパスナビ」

 

予備校や通信講座を受講し、頑張って勉強しているにもかかわらず、

思うように成果が出ずに頭を悩ませているあなたへ。

 

コンパスナビの3つの特徴

 

・効率的かつシンプルな勉強法

・挫折確率を最小限に抑える勉強習慣化法

・マンツーマンで60日間徹底サポート

 

参加者の声

 

1単元150分かかっていた問題集が5倍速の30分でできるようになり、

2ヶ月強で目標の159単元全て終わらせることができました。

二口 敬之さん(58) 社会保険労務士試験


予備校の通学コースに通っていたのですが、講義が仕事後にあったため、講義を受けると疲れてしまい、演習をする余力が残っていませんでした。

なんとかしないとまずいと思い、予備校に通学することをやめ、予備校の問題集を中心に勉強するも、1単元50分が目安の問題集に150分を費やしていました。

このペースだと受からないと考え、コンパスナビを受講しました。

勉強法を変えただけで、1単元150分かかっていた問題集を5倍速の30分で終わらせることができるようになりました。コンパスナビ受講前は、毎日1単元進むので精一杯の状態でしたが、毎日5単元進めるようになり、先に進むことができてやる気も出てきました。

また、勉強計画の通りに勉強を続けたところ、2ヶ月間強で159単元全て終わらせることができ、過去問に取りかかることができる状態になりました。まさか、最後まで終わるとは思っていなかったので、私自身驚いています。

脱完璧主義を実践することでモチベーションが高い状態が続き、仕事にも好影響が出ています。


意志が弱く続けることが苦手でしたが、

60日間連続で勉強を続けることができました。

冨田 悟さん(49) 基本情報技術者試験 


休日に勉強することはできても、平日は仕事で疲れてあまり勉強することができませんでした。

一人で勉強しているとサボってしまうので、サボれない仕組みのあるコンパスナビを受講しました。

今までは意志が弱いためすぐ挫折してしまい勉強が続きませんでしたが、脱完璧主義を実践することで60日間勉強が続けられて自信がつきました。

仕事が忙しい時期と重なったこともあり、決して楽ではありませんでしたが、完璧じゃなくても少しでも勉強するという姿勢が身についたことが大きな収穫です。


たった20分教えてもらった勉強法を7日間実践しただけで、

予備校のテストの順位が上位4割から上位2割まで急上昇しました。

K.Mさん(45) 税理士試験


フルタイムで仕事をしながら平日5時間、休日8時間勉強しているのに、

結果が出ずに3科目めの消費税法が7年連続不合格、予備校歴は15年目。

なぜこんなに頑張っているのに合格できないのか、抜け出したい思いに溢れていました。

ズルズル何年もやっているわけにはいかないので、藁をもすがる思いで、コンパスナビを受講しました。

たった20分教えてもらった勉強法を1週間実践しただけで、

予備校のテストの順位が上位4割の不合格圏から上位2割の合格圏まで急上昇しました。

今まで一体何をやっていたのだろうと思いましたが、それ以上に効果が出たことに驚いています。

勉強法を変えることで勉強の質が一気に高まり、

脱完璧主義を意識することで勉強量も10倍以上に加速することに成功し、日々楽しく勉強が継続できています。

また、日々アウトプットを繰り返したことで、仕事でのレスポンスもスムーズになり、仕事でも役立っています。

 

自己紹介と勉強法

 

どうも、初めまして。

 

勉強カフェの運営会社、

株式会社ブックマークス事業開発本部リーダーの杉平 涼です。

 

プライベート勉強習慣化プログラム「コンパスナビ」の案内をする前に、

自己紹介と私の考えていることを話します。

 

私は大学、大学院では理学部数学科で数学を学び、

大学時代から現在に至るまで数学講師として10年間の経歴があります。

 

家庭教師や個別指導を中心に、

映像授業や専門学校の講師として直接500人以上を教え、

現在はYouTubeを用いて大学受験生に数学を教えています。

(ブックマークスは複業可能なのです。)

 

YouTubeで間接的に指導した人数を含めると2000人は軽く超えています。

教えた相手は

小学生、中学生、高校生、浪人生、大学生、社会人、留学生など、

幅広い年齢や国籍の方に及びます。

 

このような自己紹介をすると、

勉強が得意そうな印象を受けると思うのですが、

実は相当苦労してきました。

 

高校受験までは、

とにかく時間をかけて量をやれば結果が出せたこともあり、

大学受験でも同じ作戦を実行するも撃沈。

 

その後1年間自宅浪人をしたのですが、

現役時に失敗したにもかかわらず、

時間をかけて量をやればなんとかなると安易に考え、

多くの参考書に手は出すもののどれも仕上げることができずに、

第一志望には受かりませんでした。

 

数学が好きで理学部数学科に進学したものの、

あまりに内容が難しすぎて何度挫折したかわかりません。

 

勉強は好きなんですけどね。

頑張ってはいましたが、とにかく効率が悪く成果が出ませんでした。

周りの友人よりも勉強時間を長くすることで、

なんとかついていくことができていたのです。

 

そのようなギリギリの状態で、大学院に進学したので本当に大変でした。何度、途中で中退しようと思ったかわかりません。

無事大学院を修了できたのは、ただただ親友のおかげです。

 

このように勉強に関してはかなりのコンプレックスを抱えていました。

 

そのコンプレックスを払拭するように、

数学講師として数学を生徒に教えることをしていたわけですが、

当時の私のように効率の悪い勉強をしている人が、

たくさんいることに気づきました。

 

過去に戻ってやり直すことはできなくても、

私と同じような立場の人を助けることができると考え、

数学だけではなく、勉強法も少しずつ教えるようになりました。

 

と言っても、私自身の経験を通して伝えられるのは、

やってはいけない効率の悪い勉強法しかありませんでした。

効率的な勉強法はこれ!

というような決定打を教えることができませんでした。

 

自分の頭で考えるよりも、

すでにうまくいっている人の勉強法を採用した方が良いと考え、

書店で売っている勉強法の書籍を読み漁り、

とにかくいろんな情報を集めて、手当たり次第に試しました。

 

読む、書く、話す、聞く・・・暗記の手段から始まり、

具体的な参考書や問題集の進め方や計画の立て方など色々試しました。

 

それだけでは正直決定打が見つからず、

頑張りが足りないのでは?

という安易な精神論に流されていきました。

 

そんな時に大学受験で結果を出している、

年下の経営者の方に勉強法について伺いました。

 

その時に指摘された大きな問題点。

 

それが、

 

「どうすれば楽ができるのか、

 どうすれば効率的に勉強できるのか。

 この追求が全くされていない。」

 

自分では全く気づけなかった視点です。

 

楽をしているのは悪で、苦しさに耐えて頑張っているのが正義。

本音を言うとこのような考え方が大前提になっていました。

 

「受験は頑張ったとかそういう過程は関係なくて、結果が全て。

 だとしたらその手段は楽で効率的な方がいいでしょう。」

 

なるほどなと思いました。

 

どんな方法で勉強していたとしてもみんな頑張っていますよね。

実際、私自身も本気で頑張っていましたし。

そこじゃないんだよと強く言われて気づくことができました。

 

うまくいっている人は合格することを最優先に捉えます。

あくまで勉強法はそのための手段にすぎないのです。

 

しかし私のように、

日々頑張ることにフォーカスしてしまう人が多くいます。

 

手段の目的化ほど恐いものはありません。

外から見れば明らかなのに、本人は気づけない。

まさに泥沼です。

 

その経営者の方に具体的に教えてもらった勉強法は

 

「書くな、話せ」

 

という超シンプルなものでした。

 

これなら私自身でもできるという確信が持てました。

 

実際に実践したところ、

今までよりも数倍のスピードで覚えることができ、

すぐに日々の授業にも活かし、生徒に「話す」勉強法を教えました。

 

もちろん数学で効果がありましたし、

生徒は英語や化学でも「話す」ことを導入し、成績を伸ばしました。

 

 

私は勉強についてかなりのコンプレックスを抱えていた超凡人です。

 

私が教えている勉強法は先の経営者から教えていただいた

「話す」という勉強法をベースに、

市販の書籍の情報を組み合わせたものに過ぎません。

 

ただ、超凡人の私でも実践できるようなシンプルな形になっています。

 

要は「話す」ことをベースにしたアウトプットと反復なのですが、

この重要性が学生時代には全くわかっていませんでした。

 

逆に言えば、

その重要性がわかってしまった今は勉強に関して怖いものなしです。

 

初めて学ぶことでも勉強法がわかっているため落ち着いて勉強できます。

 

全く勉強したことのない試験についても、

試験形式などを調べればアドバイスすることもたやすいです。

 

結局、試験というのは、

前もってインプットしたものを試験時間中にアウトプットすることです。

 

司法試験、社労士試験、税理士試験、

TOEIC、アクチュアリー試験、基本情報技術者試験、・・・

 

様々な資格試験を勉強している社会人に、

効率的な勉強法を教えてきました。

 

それぞれ勉強の中身は違いますが、効率的な勉強法は同じなんですよね。

法律だろうが英語だろうが数学だろうが。

 

いかにインプットして、いかにアウトプットできるようにしていくか。

 

ただただ、ここに落ち着きます。

現在は数学講師として数学を教えるだけにとどまらず、

効率的な勉強法を教えることで、

より広い範囲の人に役立つことができるようになりました。

 

勉強法を教え、実践した人はまず成績が上がります。

 

もちろんそれはいいのですが、

勉強法だけ教えても実践できない人が多数いることもわかりました。

 

同じことを教えているのですが、やはり人間忘れる生き物です。

 

継続的に教えていると、

実際に対面での指導の場合でも、

インターネット上だけの指導の場合でも成果は出ます。

 

しかし、セミナーのように1回だけ教えるだけでは効果は薄いです。

どうしても今までの勉強法に戻ってしまったり、

そもそも教えたことを忘れてしまったりするのです。

 

勉強カフェでは勉強法セミナーを17回主催しましたが、

教えた勉強法を継続的に実践できている人は相当少人数になるはずです。

 

時間のない中で資格試験の勉強をしている人は、

効率の良い勉強法を学ぶのはマストですが、

それだけでは足りず、

継続的に勉強法を実践し、習慣化させることが重要になります。

 

以前の私は勉強法だけ教えればいいと考えていました。

甘すぎですね。

 

というか、自分で言ってますよね。 

知識習得の方法はアウトプットと反復が重要だって笑

 

勉強法だって英単語を覚えるのと同じように、

アウトプットと反復、つまり実践と習慣化が重要です。

 

効率の良い勉強法を知るだけではダメなのです。

 

使えるようになるためには、

当たり前のレベルまで落とさなければいけません。

 

つまり、効率的な勉強法を習慣にする必要があるのです。 

 

予備校や通信講座を

受講しているだけでは成績は伸びない

 

資格試験の勉強をするにあたって、

予備校や通信講座を受講して勉強している方が多いと思います。

 

徹底的に過去問を分析して作られたテキストに、

内容をわかりやすく解説してくれる有名講師。

 

勉強する上ではこの上ない環境です。

 

ですが、そんなに良い教材を持っていながら、

合格となる人と不合格となる人に分かれます。

 

合格する人と不合格になる人では何が違うのでしょうか。

 

それは教材の使い方、すなわち勉強法です。

 

どんなに予備校が良い問題をテキストに載せようと、

どんなに講師がそれにわかりやすい解説を加えようと、

どんなに生徒が本気で授業を聞いてノートを取ろうと、

 

授業が終わったその先の勉強法がわからなかったら、

上記の効果は限りなく0になってしまいます。

 

10年間数学講師をしている経験から断言できます。

 

最終的には自分で知識を習得しなければいけません。

 

つまり正しい勉強法が身についていれば合格でき、

そうでなければ不合格になるという簡単な構図です。

 

最高の教材が目の前にあるのに、

その教材を上手く活かせなければ宝の持ち腐れです。

 

予備校はどうしても、

授業が終わったその先の面倒までは見てくれません。

 

だから多くの人が自己流で、

今まで何となく勉強してきたのと同じように勉強してしまうのです。

 

その方法が正しいものだと良いのですが、

そうでなかったら大惨事ですよね。 

 

同じ教材でも圧倒的な差が生まれる

 

Mさんの話をしましょう。

 

Mさんは45歳のサラリーマンで税理士試験の受験勉強をしていました。

 

長年予備校に通っていて、

知識はあるはずなのに成果が出ずに悩んでいた時に僕と出会いました。

 

フルタイムで働きながら、

平日5時間、休日8時間と週に40時間以上も勉強する努力家でした。

授業もしっかり受講し、家でも多くの時間を勉強に当てていました。

 

しかし、成果が出ない。

 

Mさんに教えた勉強法は僕が最強の勉強法だと考える「想起」です。

 

あまり聞きなれない言葉だと思います。

 

想起とは何も見ないで思い出すこと。

 

先ほどアウトプットが重要と言いましたが、

この想起はアウトプットそのものです。

 

勉強法で教えたことはたったこれだけです。

 

 

簡単な例で想起を説明しましょう。

 

appleという英単語の日本語訳を覚えるときに、

まず「りんご」と覚えますよね。

 

その上で、想起というのはどうやってやるかというと、

自分自身で問題を出してみるのです。

 

「appleの日本語訳ってなんだっけ?」

 

この時、すぐに「りんご」と思い出せたらOK、

思い出せなかったらまた復習すればOKです。

 

ここでのポイントが「何も見ないで」というところです。

 

apple りんご

 

と書かれたものを見ながらでは意味がありません。

 

「appleの日本語訳ってなんだっけ?」

と、自分で問題を出して、

「何も見ないで」思い出せるかを確認する。

 

これが想起です。

 

この想起が最強の勉強法です。

 

もっというと、想起の中でも最も効率の良いものは暗唱です。

 

 

突然ですが、ここで問題です。

7×3

この計算結果はわかりますか?

 

さっと答えられたのではないでしょうか。

これが暗唱の威力です。

 

多くの人がかけ算九九を暗唱して覚えたのではないでしょうか。

 

しちいちがしち、しちにじゅうし、しちさんにじゅういち・・・

かけ算九九を覚えるのは小学校二年生です。

 

大昔に勉強したかけ算九九がスラスラ言えるのも、

暗唱の効果ゆえです。

そして現在にいたるまで何度も何度も使っているので、

パッと口から出るわけです。

 

勉強法の要はアウトプットと反復です。

 

 

Mさんに初めて会った時にどんな勉強をしているか聞きました。

 

「覚えたら何も見ないで思い出すことをしています。」

 

想起しているのならなぜ成績が上がらないんだろうと思いました。

 

暗唱を実践してもらってから、よくよく聞くと、

思い出したつもりになっていたりしていて、

実際には想起できていなかったようでした。

 

つまり、暗唱だと言えるか言えないかその場で分かりますが、

ただ単に思い出すだけだと、

思い出したつもりになっていることがあるということです。

 

これは怖いですよね。

 私と会っていなかったら、

Mさんは未だにアウトプットしたつもりでいたのですから。

 

Mさんに20分ほど想起とその具体例の暗唱、

そして時間の使い方を話しただけで、

 

1週間後の予備校のテストの順位が、

上位4割の不合格圏から上位2割の合格圏まで急上昇するに至りました。

 

Mさんの教材は全く変わっていません。

 

長年テストを受けても順位が全然変わらなかったのに、

勉強法を変えただけで圧倒的な差が生まれました。

 

何も見ないで思い出す、

想起という勉強法はそれだけ効果があります。

 

しかも想起はいつでもどこでもできるのです。

時間も場所も選ばない優れた勉強法です。

 

社会人の方はまとまった時間を取ることが難しいですよね。

Mさんもそうでした。

 

この想起という勉強法は、

通勤電車の中や、風呂の中、歩いている最中など、

どんな時でもできるので、

隙間時間を有効に活用しさえすれば、

多くの時間を勉強に当てることができます。

 

想起とは何も見ないで思い出すことです。

 

電車の中で暗唱は難しくても、思い出すことはできますよね。

私は想起の勉強法を取り入れる際に、

暗唱から取り組むことをお勧めしています。

 

それはMさんがやってしまったように、

思い出した「つもり」防止のためです。

 

暗唱すれば嫌でも答えに詰まる感覚がわかります。

 

その感覚がわかった上で、

何も見ないで思い出すという想起をすれば、

 

電車の中でも、信号待ちの時間でも、

コンビニで会計を待っている時間でも、

全ての時間が勉強の時間に変化します。

 

隙間時間をなめたらいけません。

 

隙間時間をかき集めたら、

時間はかなり増えることに気づくと思うので、

是非意識して隙間時間に勉強してみてください。 

 

効果的な勉強法を知ったところで

習慣化しないと意味がない

 

 

効率的な勉強法を知ることは重要です。

 

Mさんのようにしっかり実践すれば効果もすぐ出ます。

 

しかし、勉強法を教えても実践しなければ意味がありません。

結局忘れてしまい、使えるものにならないからです。

 

習慣化できたら楽ですよ。

 

習慣化が上手くいった事例として二口さんの話をしましょう。

 

二口さんは58歳のサラリーマンで社労士試験の勉強をしていました。

 

予備校に通っていたのですが、

19時から2時間半の授業を受けるとぐったり疲れてしまい、

予習復習もできずに講義を聞くだけの状態になっていました。

 

講義を聞くだけで、問題集もやれずに、

まして過去問なんてやる時間なんてありませんでした。

 

このままだとまずいと思い、

授業に出るのをやめて予備校の問題集を中心に自習するようになるも、

1単元の学習時間の目安が50分の問題集に150分かかっていました。

 

全部で159単元ある問題集を終わらせるために、

勉強法を変えるしかないという状況になり、僕と出会いました。

 

二口さんの問題点は話を聞いたらすぐにわかりました。

 

1つ1つ確認しないと先に進めない、つまり完璧主義でした。

だから150分もの時間がかかってしまうのです。

 

逆に言えば、

完璧主義をやめさえすればすぐに時間短縮できるだろうと思いました。

 

想起に加えて、完璧主義から脱すること、

つまり脱完璧主義について意識してもらった結果、

150分から30分まで時間短縮に成功しました。

 

5倍速です笑

 

完璧主義というのは二口さんだけが持っていた性質ではなく、

完璧主義の要素は誰しも持っているものです。

 

もちろん、私にも完璧主義の要素はあります。

 

特に、学生時代は本当に完璧主義すぎたなと反省しています。

 

歴史の教科書を完璧に覚えようとして、

最初のページから勉強を始めるも、途中で忘れているかもと不安になり、

先のページに進めなくなりました。

そして、気がつけば最初の数ページだけはぐるぐる反復していたため、

その部分だけの知識はあるのですが、

その先に一向に進めず挫折しました。

 

高校数学でいうと、

証明まで完璧にしようとするあまり全然進めなくなってしまい、

結局挫折。

 

大学数学の基礎となる線形代数が完璧じゃないからと、

その先の代数学に進めず挫折苦笑

 

挫折挫折挫折。

恥ずかしいくらいに挫折を繰り返してきました。

 

本当にこの完璧主義に毒されてる人が多くて、

これが原因で勉強が上手くいっていない人が多すぎです。

 

先ほどから何度も繰り返し言っているように、

勉強法で大事なのは想起と反復です。

 

反復しないと覚えられないんですよね。

 

でもいきなり完璧にやるなんて無理じゃないですか。

初見の問題や内容をそのまま完璧に覚えられたら理想ですが、

そんなこと普通はできません。

 

完璧じゃなくてもいいので、まずはやってみる。

何度も繰り返すうちになんとなくわかってくる。

これでいいんですよ、勉強は。

 

想起だっていきなり完璧にやろうとすると挫折しますからね。

少しずつでいいのです。

 

ちょっと思い出せたらオッケーとしましょう。

 

真面目な人ほど完璧主義に陥りやすいです。

 

1回でちゃんとできないといけないんだと考えてしまい、

どんどん勉強するのが苦しくなって、

なんでこんなにできないんだろう、

頭悪いからかなと自己否定の渦に入ってしまいます。

 

それはとてももったいないです。

 

完璧主義の人は答えをすぐに見ることに抵抗を感じてしまいます。

 

二口さんもそうでしたが、

答えを見ることに抵抗は感じなくていいです。

 

学校教育の弊害ですよね。

 

わかるまで考えないといけない。

答えを見てはいけない。

 

特に数学の先生が言うことです。

 

私も数学の先生をしているわけですが、むしろ逆で、

わからなかったらすぐに答えを見ようと生徒に教えています。

 

それはなぜか?

だいたいは考えるレベルにまで至っていないです。

 

別にこれは馬鹿にしているわけではなくて、

現実的に考える材料がないのに考えさせるのは、

相当な苦行を強いているにすぎないのだと考えているからです。

 

わからないものはわからないですし

わからないものはさっさと答えを見て解き方を覚えて、

サクッと先に進んだ方が精神衛生上も良いです。

 

とにかく完璧主義に押しつぶされてしまうのはもったいないので、

完璧じゃなくても少しでもできることをするという、

脱完璧主義を基本の心構えにしてもらえると、

気楽に勉強できてオススメです。

 

実際、二口さんはこの脱完璧主義を基本に、

完璧でなくても30分でとりあえず1単元終わらせて、

次に進むということをした結果、

当初の目標の159単元を2ヶ月強でやり遂げました。

 

もちろん、1周だけでなく、何周もぐるぐる回した上でです。

 

 

勉強する上で、下の図式は覚えておいてください。

 

1回で完璧に <<<<<<< 完璧じゃなくても高速で何回も反復する

 

というか1回で完璧になんてなりませんからね。

どうせ忘れます笑

 

勉強の本質は反復であり

いかに勉強を習慣化させるかが肝

 

ここまで何度も、想起と反復が重要だと伝えてきました。

 

勉強法は想起が最強で、その中でも暗唱が効率が良いと。

どんなに勉強法が良くても、

それが続けられなかったら反復回数が少ないままなので、

成果はあまり出ません。

 

つまり、想起という勉強法と反復という習慣化は、

両方必要であるということです。

 

勉強法をお伝えするのは概要だけなら20分もあれば十分です。

しかし、習慣化は日々積み重ねていくものなので、

勉強法を教えるよりもハードルが高いです。

 

勉強習慣を1からつけた冨田さんの話をしましょう。

 

冨田さんは49歳サラリーマンで、

基本情報技術者試験の勉強を独学でしていました。

 

冨田さんは勤務時間が長かったため、

平日の仕事が終わった後は疲れて勉強できませんでした。

 

どうしても一人で勉強しているとサボってしまうとのことで、

勉強のサポートをすることになったのですが、

まず課題としていかに平日に勉強するかが課題となりました。

 

ここでもやはり出てくるのが完璧主義です。

 

冨田さんも完璧主義でした。

 

まとまった時間が取れないと勉強はできないという固定観念と、

二口さんと同様に、

答えを見てはいけないという常識が勉強することを邪魔していました。

 

具体的にどのようにしたかというと、

 

まずは過去問冊子をバラバラにして、

毎日1年分持ち歩いて隙間時間に読むことを徹底してもらいました。

 

ここでポイントなのが「読むだけ」ということです。

 

いきなり、「解く」のはハードルが高いのです。

 

まずは「読むだけ」

 

こうやってハードルを下げて、

確実にクリアできるところから始めるのが習慣化のコツです。

 

読むことに慣れてきたら、次は解いてみる。

そして想起する。

 

いきなりハードルの高いことをするのは、

断崖絶壁をいきなり登るようなもので無謀です。

 

小さく、小さく、着実に。

そうやって少しずつハードルを上げて着実に勉強を続けた結果、

冨田さんは60日間連続で勉強することができました。

 

勉強習慣が身についていない状態から、

ここまで達成できたことはすごいことだと思います。

 

当たり前の度合いも段々高くなってきて、

 

過去問を読むのが当たり前

→過去問を解くのが当たり前

→過去問を想起するのが当たり前

 

このように着実にレベルアップしていきました。

 

この状態になれば勝ち確定です。

 

一度勉強習慣がついてしまえば、勉強そのもののハードルが下がります。

 

どんな勉強をするときでも、

同じようにハードルの低いところから、

小さく小さくステップアップしていくだけです。

 

しかも、勉強法の想起は身についている。

いきなりイージーモードです笑

 

正しい勉強法が身につけば、

どんどん先に進めるようになるし、勉強が楽しくなってきます。

 

問題が解けたり、内容がわかるから楽しくなるのです。

 

そのためには完璧じゃなくてもいいからまずは先に進むことが重要です。

徐々に完璧主義から脱していくのがポイントですね。

 

冨田さんは自分が完璧主義だなんて夢にも思わなかったそうです。

 

これは私もそうですし、Mさんも二口さんもみんな完璧主義でした。

でも、自分では気付くことができないのが厄介なのです。

 

私も人に指摘してもらって気付くことができました。

指摘されていなかったら、

完璧主義に押しつぶされて今頃大変なことになっていたと思います。

 

自分が完璧主義だと認識できたとしても、

すぐに抜け出せないのが完璧主義の難しいところです。

 

しかし、完璧主義になっているなと自分で毎回認識できれば、

対処することはできるので、まずは認識することが必要です。

 

勉強が上手くいっていない人はほぼ100%完璧主義なので、

脱完璧主義の価値観を取り入れて、小さく勉強を始めていきましょう。

 

プライベート勉強習慣化プログラム

コンパスナビとは?

 

たった2ヶ月で正しい勉強習慣を身につけるプログラム。

それが、プライベート勉強習慣化プログラム「コンパスナビ」です。

 

繰り返しになりますが、勉強の成果を得るには、

「正しい勉強法」で勉強することは当然として、

その継続、つまり習慣化が肝になります。

 

しかし、一人で正しい勉強習慣を身につけるのは困難です。

 

仕事で疲れた状態で誘惑に流されてしまったり、

勉強法を実践していても徐々にずれていってしまうことがあるからです。

 

そして一番厄介なのは挫折してしまう危険性があることです。

 

セミナーを1回やるだけでは人間は変わらないことは重々承知です。

 

だからこそ、2ヶ月間マンツーマンで一人一人に寄り添って、

目標に向かって伴走する。

正しい勉強習慣を身につけるためのサービスを用意しました。

 

コンパスナビが提唱する正しい勉強習慣はとてもシンプルです。

「想起」を「習慣化」することです。

 

コンパスナビ3つの特徴

 

・効率的かつシンプルな勉強法

・挫折確率を最小限に抑える勉強習慣化法

・マンツーマンで60日間徹底サポート

 

効率的かつシンプルな勉強法

 

効率的かつシンプルな勉強法

コンパスナビが採用する勉強法は「想起」です。

 

繰り返しとなりますが、

想起とは何も見ないで思い出すことです。

 

インプットするためにはアウトプットしなければいけません。

脳の構造的にアウトプット優位にできているので、

アウトプットはマストです。

 

想起の中でも特に効率の良い暗唱を基本に、

その時できる想起をすることで、常にアウトプットしてもらいます。

 

インプットしたらアウトプットする。

 

これを徹底していきましょう。

 

あえて想起に絞っているのは色々あると混乱するからです。

とてもシンプルですが、身につけた時の効果は絶大です。

 

想起自体も最初はハードルが高いので、段階的にやっていきます。

ここでも脱完璧主義が基本的な考え方になります。

 

挫折確率を最小限に抑える勉強習慣化法

 

たとえ効率の良い「想起」という勉強法を知ったとしても、

それが身に付かなければ意味がありません。

 

勉強習慣をつけるために大事なのが、ハードルを小さくすることです。

60日間で「想起」するのが当たり前

という状態にまで、少しずつしていきます。

 

また、時間を細分化してよりハードル下げていきます。

 

どのくらいのまとまった時間があれば勉強しますか?

 

今まで多くの方にこの質問をしてきましたが、

30分以上の方が多いですね。

 

この基準値をどんどん短くしてもらいます。

 

10分あれば勉強する

→5分あれば勉強する

→1分あれば勉強する

 

こうやって時間を細かく刻んでいけば、

隙間時間をより多くかき集めることができます。

 

マンツーマンで60日間徹底サポート

 

正しい勉強習慣=「想起」+「習慣化」

を身につけるためにどのようなサポートをするのか紹介していきます。

日報提出

毎日23:59までに、

その日1日の勉強内容を日報として提出してもらいます。

 

締め切りがあることで、

1日の終わりを明確に意識できることがポイントです。

 

また、毎日日報を書いて勉強の振り返りをすることで、

必然的にPDCAサイクルを回すことになり、

より速いペースでより良い方向に導くことができます。

進捗管理フィードバック動画

日報に対するオリジナルフィードバック動画を作成します。

 

23:59までに日報を提出していただけたら翌日中に配信します。

日報をもとに個別にフィードバックと進捗管理を行います。

 

進捗管理フィードバック動画が日々の勉強に負担にならないように、

5分から10分に凝縮してお届けします。

 

プライベートセッションの日は、

進捗管理フィードバック動画の配信はお休みとなります。

プライベートセッション

週2回40分間Skypeで、

勉強に関する悩み相談、進捗管理、勉強計画について、

セッションをします。

 

コンパスナビではこのプライベートセッションが軸となり、

勉強の方向性のズレを最小限に抑えます。

 

もちろん週2回40分だけでは全ては補いきれませんが、

日報のフィードバック動画で、

ほぼ毎日反復して指導していくので安心してください。

動画コンテンツ

勉強法、勉強習慣化、時間の細分化、脱完璧主義

についての動画コンテンツを配信します。

 

受講期間中、インターネットが使える環境であれば、

いつでもどこでも見ることができるので、

何度も繰り返し見て知識を定着させてください。

 

動画コンテンツの一部を紹介します。

 

 勉強習慣が全くなかった人でも継続することができた誰でもできる勉強習慣の身につけ方とは?

 勉強の妨げになると思われているSNSを活用することで簡単に知識の整理が出来てしまう方法

 解法を効率的に習得するために必要なポイントと秘策

 完璧主義者が陥りがちな問題を強制的に突破にするために味方につけるべきものとは?

 記憶定着を補助するために絶対に使うべきアプリとその使い方

 プログラム受講後も自立できるためのとっておきの学習システムとは?

 日々の達成度を目に見える形で明示する方法

 日常全てを学習環境に変えるスマホの使い方

 記憶の定着だけでなく、さらに時間を生む方法

 暗記したい項目を投げておくだけで、タイミングよく復習を教えてくれるアプリの有効な使い方

 嫌な科目の勉強がたった10日で親近感を覚えるまでになったコツ

 資格試験突破に役立つだけでなく、実務でも使える知識を同時に手に入れることができる勉強法

 勉強習慣を得るために必要なたった3つの考え方とは?

 継続するために越えるべき精神的な問題を突破するための逆転の発想とは?

悩み相談

勉強していて疑問に思ったこと、

進捗具合についての相談、

勉強法の相談など受講期間中はSNSにて無制限に質問ができます。

 

どんな些細なことでも構いません。

気になることがあればいつでもご相談ください。

 

60日間アウトプット祭り

 

コンパスナビ受講中は、

これでもかというほどアウトプットしてもらいます。

 

人間はすぐに忘れてしまうという当たり前のことを踏まえて、

コンパスナビは作られています。

 

勉強法や勉強習慣化を身につける際にも徹底的に、

アウトプットを重視します。

 

勉強法、時間の細分化、脱完璧主義に関する動画コンテンツを視聴

→メモと感想を提出

日々の日報に対するフィードバック

→メモと感想を提出

プライベートセッション

→メモと感想を提出

 

つまり、何をするにしても、

アウトプットアウトプットアウトプット、

メモメモメモです。

 

コンパスナビを受講中は勉強時間以外でもアウトプットの連続なので、

60日間の受講が終わる頃には、

勉強法もスラスラ言えて人に教えられるレベルになります。

 

私の教えていることを覚えてしまえば勉強法セミナーだってできます笑

 

インプットだけでは不可能ですが、

日々アウトプットすることで可能になります。

 

勉強する時間だけアウトプットするのではなく、

勉強に関する振り返りもすべてアウトプットしていきます。

 

常にアウトプットしないと、アウトプットは身につきません。

これは知識習得の原理原則です。

 

勉強法についても、

勉強習慣化についても、

どんどんアウトプットすれば勝手に身につきます。

 

そこまでアウトプットして身につかないわけがないです。

 

コース内容と価格

 

スタンダードコース

◆プライベートセッション

Skypeで40分 × 16回(2ヶ月)

勉強に関する悩み相談、進捗管理、勉強計画についてのセッション

「勉強法」「勉強習慣化」「時間の細分化」「脱完璧主義」の伝授

◆進捗管理サポート

毎日SNSで日報を提出

週5回進捗管理フィードバック動画

SNS相談無制限

◆動画コンテンツ配布

「勉強法」「勉強習慣化」「時間の細分化」「脱完璧主義」

について動画コンテンツで講義を配信

【価格】

¥300,000(税抜)


プレミアムコース

◆マンツーマンプライベートセッション

対面で60分 × 24回(3ヶ月)

勉強に関する悩み相談、進捗管理、勉強計画についてのセッション

「勉強法」「勉強習慣化」「時間の細分化」「脱完璧主義」の伝授

◆進捗管理サポート

毎日SNSで日報を提出

毎日オリジナル動画でフィードバック

メール相談無制限

◆コンテンツ配布

「勉強法」「勉強習慣化」「時間の細分化」「脱完璧主義」

について動画コンテンツで講義を配信

【価格】

¥500,000(税抜)

 

 

今後の流れと個別相談

 

今後の流れ

STEP1. Skype個別相談(60分)

参加するか迷ったらまずはSkypeで個別相談へ。

私が直接丁寧にご説明します。

※無理な勧誘はいたしませんので安心してお申し込みください

STEP2. 契約→口座振込

STEP3. 振込確認後、受講開始

 

 

プライベート勉強習慣化プログラム「コンパスナビ」

に興味がある方は個別相談の案内を個別で送りますので、

下記のリンクから登録しておいてください。

個別相談の受付はこちらをクリック

 

コンパスナビの理念

 

社会人が仕事をしながら資格試験の勉強をする。

 

これって本当にすごいことだと思います。

日々誘惑に打ち勝たないといけませんからね。

 

だけどそれが資格試験のためだけというのは、

少しもったいないのではないでしょうか。

 

もちろん、資格試験に合格するサポートをするのがコンパスナビです。

 

しかし、合格後の実務でも役立つ知識や経験にならなければ、

意味がないと考えています。

 

ですので、今回60日間を通してお伝えする、

 

勉強法、勉強習慣化、時間の細分化、脱完璧主義。

 

この全ては資格試験が合格した後にも、

一生使えるものを強く意識して提供しています。

 

勉強の習慣がついて、より効率的に勉強ができるようになると、

それは大きな自信になります。

 

今までできなかったことができるようになるからです。

 

資格試験の勉強をはじめとした勉強全般だけでなく、

知識習得全般が容易になり、

どんな習慣を身につけることもたやすくなります。

 

時間の細分化と脱完璧主義を身につければ、

何をするにしても、

誰よりも先に動き出せるのでアドバンテージが大きいです

 

 

勉強法、勉強習慣化、時間の細分化、脱完璧主義。

 

私自身、これらの全てを極めているのかと言われたらNoです。

現状はまだまだですし、私自身も成長している途中です。

 

2ヶ月間本気で勉強に取り組めば必ず得られるものはあります。

私が勉強することがいいなと思っている点は、

やれば少しずつでも着実にできるようになるところです。

 

ちょっとずつでもできるようになる。

 

これってすごく大切なことだと思うのです。

やればやっただけできるようになるなんて希望しかないじゃないですか。

 

コンパスナビでは自立を願っています。

2ヶ月間で正しい勉強習慣を身につけることができれば一生ものです。

 

ぜひ資格試験突破は大前提として、

その後の人生を良くする一助になれば幸いです。

 

最後に

 

目の前の勉強に本気で取り組む。

これってめちゃめちゃカッコ良いことだと思います。

 

しかし、頑張ることってカッコ悪い、そんな風潮がありますよね。

 

頑張ろうと思ってるのに、親や友人などからの無責任な発言により、

モチベーションが落ちてしまっている人も多いと思います。

 

それに、本気で頑張れる場所ってないですよね。

 

私はこのコンパスナビを通じて、

本気で頑張る人たちが集まる場所を作りたいと考えています。

 

人が本気で頑張っていることを馬鹿にするのではなく、

本気で頑張るのは当たり前で、

みんなで上を目指す熱量の高い状態を目指したいと思います。

 

現状くすぶっているけれどこのまま終わりたくない。

現状打破したい。

 

一緒に限界突破していきましょう。

 

2ヶ月間本気で勉強する覚悟のある人は大歓迎です。

 

現在の状況とかそんなものは関係ありません。

 

勉強はやればできるようになります。

想起、反復していけば絶対です。

 

人が変わるために必要な資質は素直さです。

柔軟性のある、覚悟を決めた人と、

一緒に目標に向かいたいと心から願っています。

 

長文読んでいただきありがとうございました。

それでは個別相談でお会いできることを楽しみにしています。

 

                                                                      

                                         事業開発本部リーダー   杉平 涼

 

よくある質問

 

Q.返金保証はありますか?

A. ありません。覚悟を持って勉強する人を対象にサービスを提供します。覚悟がない方のお申し込みはご遠慮ください。


Q. 教材を選んでくれますか?

A. いいえ。現在持っている教材を最大限活かすサービスのため、

教材の選択はしません。


Q. プライベートセッションの悩み相談は勉強以外の内容でも大丈夫でしょうか?

A. 基本的に勉強に関するものになります。


Q. プライベートセッションの日にちはどのように決めますか?

A. 初回のプライベートセッションの前に16回分の日程を提案します。

基本は平日1回、土日に1回の週2回です。


Q. プライベートセッションの予定変更は可能ですか?

A. 双方同意の上で受講期間中であれば変更は可能です。


Q. Skypeを使ったことがないのですが大丈夫でしょうか?

A. 事前にSkypeの使い方を教えますので大丈夫です。

インターネットが使える環境であれば無料で通話できます。


Q.日報の提出期限はありますか?

A.23:59までとさせていただいています。


Q. フィードバック動画はいつ配信されますか?

A. 翌日中に配信します。

ただし、私が休日の場合はその限りではありません。


Q. 勉強内容まで踏み込んで教えてくれますか?

A. いいえ。コンパスナビでは勉強習慣と勉強法のサービスを提供します。

やることがわかっているのにできない人が加速するためのサービスです。


Q. どれだけの学力が必要でしょうか?

A. 現在の学力は関係ありません。新しい勉強法を素直に受け入れ、

これから頑張りたい人であれば歓迎します。


Q. コンパスナビを受講すれば成績が上がりますか?合格できますか?

A. 個々の状況によるので、成績が上がる保証や合格保証はつきません。

効率的な勉強法や指導し進捗管理をしたとしても、

実際に勉強しないと成績は伸びません。


Q. 仕事をしていて多くの時間を作ることができないのですが・・・

A. 問題ありません。

忙しい社会人を対象に勉強効率を上げる勉強法を採用しています。

通勤時間などの隙間時間を活用することで勉強時間を増やします。


Q.パソコンを持っていないのですが、大丈夫でしょうか?

A.スマートフォンなどがあれば大丈夫です。

コンテンツはインターネットが使える環境であれば見ることができます。


Q. 年齢を重ねていて記憶力が落ちているのですが、大丈夫でしょうか?

A. 大丈夫です。訓練していけば年齢に関係なく覚えられれます。

 

今後の流れと個別相談

 

今後の流れ

STEP1. Skype個別相談(60分)

参加するか迷ったらまずはSkypeで個別相談へ。

私が直接丁寧にご説明します。

※無理な勧誘はいたしませんので安心してお申し込みください

STEP2. 契約→口座振込

STEP3. 振込確認後、受講開始

 

 

プライベート勉強習慣化プログラム「コンパスナビ」

に興味がある方は個別相談の案内を個別で送りますので、

下記のリンクから登録しておいてください。

個別相談の受付はこちらをクリック


会社概要
 | プライバシーポリシー

Copyright (C) 2017  BOOKMARKS All Rights Reserved.